スナメリに会いに行こう

スナメリの特徴

小さなクジラの仲間をイルカといいます。
スナメリは小さなイルカの仲間ですが、「せびれ」がありません。
からだの色は灰色、25さいぐらいまで生きるといわれています。
ほかのクジラとくらべて、りくに近く、あさいところ(ふかさ20mぐらい)でくらしているため、人のくらしのえいきょうをうけやすいです。
うみのこうじでえさがへったり、ぎょせんのあみにかかって死んだり
して数がへっています。

どこであえるの?

かんもんかいきょうをはさんで、せとないかいや、ひびきなだには
スナメリがよく見られるばしょがいくつかあります。
いさんだの浜にもスナメリがあそびにきています。北九州側でおかからスナメリが目で見えるのはいさんだの浜だけ。波のしずかな日にはもじ少年自然の家の「食堂」や「スナメリのへや」からもよく見えます。
目でもみえますが、そうがんきょうをつかってさがしてみましょう。